ABOUT

令和元年に創立17年を迎える「avalon」と姉妹サイトの「ピンクトルマリン」を融合することにし「avalon=pink」としてこちらにお引っ越し致しました。 「avalon」とは古代ブリテン語の「リンゴ(アヴァル)の島、里」を意味します。 そこは沢山のケルトの女神がすんでいるといわれる伝説の島です。 アーサー王伝説のアーサーやランスロット、トリスタンなどの円卓の騎士、魔法使いの マーリン、タニシリン、聖杯伝説、カール大帝、妖精王などなど、あらゆる時代に活躍したヒーロー、ヒロインたちのロマンや伝説の地です。 ストーン・サークルで有名なグラストンベリにアヴァロンがあったのではないかともいわれ ますが、その伝説の島とされる候補地はブリテン中の各地に点在しています。 avalonの最有力地グラストンベリはアリマテアのヨセフがたどり着き、キリスト教をブリテン島にもたらしたといわれてる地でもありますし、それ以前にかのイエス自身がこの地で ケルトの教えを学んだという文献が残っているそうです。 ヨセフがその地を選んだのも、ケルトとローマの血が半分づつ入っていたといわれる アーサー王伝説の最有力地ともされているのも、そのためかもしれません。 また、北欧神話でも古代ゲルマン語でAvalonをアールヴヘイム(alfheim )といい、ゲルマンの豊穣の神フレイが支配する妖精の国とされています。 alf(エルフ)の語源ともいわれてます。 どうぞ、ごゆっくりご覧くださいね。(リンゴの里より)